2

燃焼室への点火を確認し
ファンのスイッチを
ON
にします。燃焼室の温度
が上昇しましたら、燃料
コックを開け廃油を流し
ます。

廃油オイルの排出量はつまようじ
程度の細さで十分となります。あ
まり排出しすぎると危険です。

出量は微量で調整してください。
廃油の排出量やファンの送風量で
燃焼室内の火力を調整できます。

5

6

燃焼室の炎が落ち着くと
赤い炎から青い炎に変化
します。※燃焼の仕方に
より、炎の色は異なりま
す。

消火する際は、コックを閉め、残
っている廃油をすべて落とし、フ
ァンのスイッチを
OFFにします。
(消火までには30分前後の時間を
要します。)

Copyright (C) 2015-16 ecotry. All Rights Reserved.

3

4

フォトギャラリー

お問い合わせ

プライバシーポリシー

特定商取引法

会社案内

着火剤としての燃料を約
200㏄ほど用意します。
灯油軽油を使用して
ください)
用意した着火剤は燃焼室
に入れてください。

新聞紙等に火をつけて燃焼室に
投入します。
※外気温などにより着火の火が
消えてしまう時がありますので
再度着火させてください。

廃油ストーブとは?

M600FJ

SL特急Ⅱ型

焼却炉・ふた

ドラム缶用焼却炉ふた
(ロストル付き)

 廃油ストーブ操作手順 ★

廃油ストーブ

頑丈長持ち焼肉台
(リサイクルボンベ使用)

L800FJ

薪ストーブ

SL太郎

ロストル付きごみ焼却炉
(リサイクルボンベ使用)

1

燃焼可能なオイル

ストーブに関するQ&A

廃油ストーブ操作手順

メンテナンス方法

お客様の声